Digispark 超小型ARDUINOクローン WINDOWS インストール

超小型ARDUINOクローンということで話題のDigisparkだが、インストールでつまずいてはいないでしょうか? 私みたいに。

まずは、http://digistump.com/wiki/digispark/tutorials/connecting に感謝。それから日本語での説明 http://www.elefine.jp/digispark/index.html とhttp://shokai.org/blog/archives/8665 に感謝。とても役に立ちました。

さて、私のPCのOSはwindows7ですが、http://www.elefine.jp/digispark/digispark_connect_pc.htmlの通りにDigisparkを本体に挿す前にドライバーをインストールします。その後に、Digisparkを本体に挿すと自動的にドライバーがインストール開始するのですがうまくいきません。具体的にはDigispark botloaderがインストールされないのです。デバイスマネージャーにlibusb-win32 Usb Devices/Digispark Bootloaderが現れず、usb周りに”Unknow Device”が出てしまいます。

これについてはhttp://digistump.com/board/index.php/topic,248.0.html に記載がありました。

usbのソケットや延長ケーブルなどを使用せずに直接PCにストレートに接続するとうまくいくということでした。

Digispark はUSB1.1規格で、そのため100ma以上の電流が流れる場合にはポートを閉じてしまうとのことです。

PC本体のUSBポートでも、基板から延長ケーブルを回してPC前面にある場合でもうまく行きませんでした。やはり基板に近いポートがよいようです。最近のマザーボードはusbソケットの数も多く、3.0や2.0などそれぞれに対応しているようですので、やりやすくなっているかもしれません。

さて、私のPCですがwindows7が2台、XPが1台にインストールしてみた結果、windows7(32bit)とXPにインストールできました。しかし、安定せずにデバイマネージャーDigispark Bootloaderの表示がついたり消えたりします。それでもなんとかsketchをアップロードするとそれ以降は表示が安定するようになりました。

IDEでツール>マイコンボード(Tiny Core)、ツール >書込装置 >Digisparkと設定してから、ツール> “ブートローダーを書き込む”を動かします。これでsketchをアップロードできるようになります。

IDEの下の部分のインストラクションは重要で、ここにしたがってDigisparkの差し込みなどをします(Digisparkにはスイッチがないので、PC接続の抜き差しを使います)。

一応、http://shokai.org/blog/archives/8665 に記載の”led_blink.ino” と ”led_fade.ino”それぞれをDigisparkに書き込み、動作を確認しました。下記ビデオ参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です